介護福祉士は介護の専門家なの?

高齢化社会が進む中、福祉関係の仕事が人気を集めています。
特に介護関係の仕事は、人手不足もあり、資格を持っていれば仕事先に困ることはありません。
介護の仕事もいろいろとありますが、現場で直接介護に携わるのはホームヘルパーと介護福祉士です。
ホームヘルパーは施設で働くことも多いですが、もともとは訪問介護が主な仕事です。
資格は通信教育でも取得することができます。
介護福祉士はホームヘルパーと同じ仕事をすることが多いですが、国家資格であり介護全般を受け持つという重要な役割があります。
資格を取得するには、専門学校や大学などで2年以上学習するか、介護関係の仕事を3年以上経験して国家試験を受ける必要があります。
福祉関係の仕事を目指す若い人たちのための専門学校が増加してきており、大学や短大にも介護関係の学科が増設されてきています。
介護の仕事は、ある程度の力も必要であり、夜勤がある職場も多いため、体力がある若い人のほうが向いている面があります。
ますます進む高齢化社会に向かって、優れた介護福祉士がたくさん育っていくことを多くの人が待っています。